So-net無料ブログ作成

観光客装った中国人妊婦の出産急増、目的は子供の国籍 [法律]

2011年4月1日、観光客として米国に入国した中国人妊婦が現地で出産するケースが増えている。人民日報サイト・人民網が伝えた。

今年3月9日、ロサンゼルス当局は華人経営者が運営していた妊婦センターを閉鎖した。そこに滞在していた妊婦約10人全員が中国人で、米国で出産するためにセンターに数万ドルを支払っていた。センターに頻繁に出入りする若い女性たちを不審に思った近隣住民が当局に通報し、事件が発覚。当局はセンターを閉鎖し、経営者に800ドルの罰金を科した。中国人妊婦のビザはすべて有効期限内だったため、本国へ送還されずに近くのモーテルに身柄を移されただけだった。

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=50373&type=

このニュースを理解するには、ちょっと、法的知識が必要なので解説.
生まれた子供がどんな国籍を取得するに関しては、大きく分けて血統主義と出生地主義に分かれます。

血統主義---両親の持つ国籍が血のつながりのごとく子供に受け継がれる方式。
例えば、親が日本国籍なら、子供も無条件に日本国籍を取得する。中国も基本、血統主義

出生地主義---両親の国籍に関係なく、生まれた国の国籍を取得する方式。
移民で成り立っている国に採用例が多く、アメリカの場合も、両親の国籍に関係なく、アメリカ国内で生まれた子供にはアメリカ国籍が認められる。

ま、子供にアメリカンドリームを託した、ってことなんでしょうかね。
日本にも、「アメリカ国籍をプレゼント」とかのたまって、アメリカで子供を生んだタレントがおりましたが・・・
個人的には、自分(親)の生まれた国がそんなに嫌いかねぇ・・・と、思ってしまいます。

ちなみにですが、アメリカは依然として徴兵制が残る国です。(ただし、実際には募集で必要兵力を確保できている等の理由で、徴兵制度は停止されていますが、廃止されたわけではありません。)
そんなに、アメリカ国籍がうれしいですかねぇ・・・
nice!(54)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 54

コメント 5

大将

なんとも親のエゴに感じてしまうのは…
それにしても日本のタレントでもそんな人がいたんですね
アジア人のサガ?
自分の生まれ育った国を愛したい国にしたいものですね
by 大将 (2011-04-03 23:21) 

まる

 こんばんは。
そんなことをしているんですね。
いろいろな考えがありますね~。びっくりです。@@。
by まる (2011-04-04 00:28) 

まめ

まぁ、日本全てにおいて大好きかというとそうでもないですが、、、
わざわざそこまでして?と思いますね。
by まめ (2011-04-04 06:52) 

macky

ステイタスなんでしょうね。
宅の子供は、米国の生まれなんですのよ!おほほほ*_^;
by macky (2011-04-04 07:18) 

rtfk

驚いてしまいました。。。。さすが中国。
by rtfk (2011-04-04 14:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログパーツ【トレミー】人気ブログランキング

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。